「元気が出るLIVE!」ようやく見ました。

連勤、休日に予定ありという日が続き、ようやく「関ジャニ∞の元気が出るLIVE!」のMCダイジェスト以外見終えました。

発売日以降(というか全貌が明らかになってから)ファンからはネガティヴな意見ばかり出てきてた印象があったので、どれどれと思いながら見始めました。

 

※以下「関ジャニ∞の元気が出るLIVE!」の内容に触れています。

また、あくまでも一個人の意見です。

 

 

 

本編に関しては、特に何も気にならなかったです。いや、別に大倉くんがどうでもいいとかそういうのではなくて。もちろん7人全員揃ったやつをつぎはぎにしてでも入れて欲しかった気持ちもなくはないです。ただ、メイキングとか見てると本編よりは画面がぶれたり音響がばらばらだったりとしたので、つぎはぎだったら確実に酔ってただろうなと。そう考えると、1番整ってた最終日が本編で良かったと思います。

でもこう思えるのも、実際に今回現場に入れたからだろうなと感じます。もし入れなくて、今ツアー7人での公演を見てなかったなら今も納得できてないだろうなと思いました。

やっぱり大倉くんは欠かすことのできない人ですね。低音が足りない。

 

そしてメイキング。

序盤のファンの映像長すぎないか…?

多分メンバーとファンとの絆みたいなものを前面に押し出したかったんでしょうかね。たくさんのファンからコメントをもらってたわけですけど、それわざわざ長々と言葉にする必要があったのか?

今回は完全限定生産ということなので、いつも以上にファン以外の人は買わないだろうし、本編も新規ファンを獲得するためには弱いと思います。

なのに、メンバーとファンの絆がどうのこうの。ファンならそれはすでに分かってるだろうし、本編見れば知らなくても大体分かると思います。というかアイドルとファンの関係って大体こんな感じでは?

入れるにしてももうちょっと時間削っても良かったと思います。ファンの映像が入ること自体は以前からあったのでそんなに気にならないのですが、とにかくその時間が長かったのが気になりました。

でも気になったのは序盤だけで、あとはいつも通り楽しめました。

侍唄でファン、スタッフさんの聴き入ってる姿が次々と映し出されましたが、あれは泣いてしまいました。PVみたいだったなーと。

 

BD収録のオープニング映像、DVD収録のWASABIロシアンルーレットもわちゃわちゃっぷりが楽しかったです。

 

MCは福岡公演と大阪公演の自分が入った回以外が見れてません。すごいカットされてた気がしたんですが、いつもこんな感じなんでしょうか?今回初めて現場入ったのでわからず…。 

 

以上が私の感想です。

まとめると、大倉くんが食べる時によく噛んで食べれば良かったということですね。

今後のコンサートでは誰1人かけることのない、完璧な公演を収録してほしいと思いました。