とれたて関ジュース2017.02.12

草間「ぱーらりぱー!」
3人「関西ジャニーズJr.とれたて関ジュース
3人「こんばんはー!」
「関西ジャニーズJr.の室龍太と」
草間「草間リチャード敬太と」
長尾「長尾謙杜です!」
草間「この番組は、僕たち関西ジャニーズJr.が交代でパーソナリティーを務めて、ありのままの声をお届けしている、番組です!」
「はい」
長尾「はい」
草間「今日は僕が司会ですよ」
「おお!」
長尾「はい」
草間「草間が司会します」
「草間さん」
草間「はい。メンバーは月ごと、に交代で、毎月3人が出演しています」
「うん」
草間「今月は、室、草間、長尾、の3人が担当しています!」
「はーい」
長尾「お願いします」
草間「はーい」
「お願いしやーす。よく喋れたな日本語」
草間「いやいやw日本語しかしゃべれへんわい!」
「ふふふふふww」
草間「ほんまw」
「すごい期待してんねやけどでも。英語でやってくれるっていう」
草間「そんなん無理に決まってるやん」
「ええー」
草間「台本に英語で書いといてもらわな」
「いやいや」
草間「それ読むんはいけるで」
「リスナーの皆さん期待してたよ絶対」
草間「アーオーケイ、イェッササリイエア。オウ、コノメンバーデ」
「うん」
草間「ニシュウメ、デスネ」
「いや日本語やん」
長尾「ははw」
草間「ふっはははww」
「ええねんw」
草間「無理やわ!」
「wwはい」
草間「ということで、2月はこの3人でお送りしています」
「はい」
草間「今日は、近況報告をしますよ。お楽しみに!」
長尾「はい」
「はーい」

草間「はい、じゃあということで」
「はい」
草間「今日はお仕事の近況報告をしていきたいと思います」
「うん」
長尾「はい」
草間「じゃあ1発目なんですけどいいですか?」
「はい」
長尾「はい」
草間「僕ね、最近発表になったんですけど」
「ほう」
草間「ちょっとマ」
「えっ、帰国するんですか?」
長尾「ww」
草間「えーと帰国、えーと日本出身なんで日本にいます、はい」
「日本にww」
草間「ずっといさせてください」
「びっくりした」
草間「はい。いや、違うんです。マラソンを走ることになりまして」
室長尾「ああー」
草間「はい、僕と今江なんですけども」
「聞きましたよ」
草間長尾「はい」
「海外の方まで」
草間「ww違いますね」
「えっ?」
草間ホノルルマラソンですか?」
長尾「ははw」
草間「行かないですね」
「違いました?w」
長尾「ははww」
草間「はいw」
「あ、そうですか」
草間「はい、違うんです」
「フルマラソンをやるんですか?」
長尾「おー」
草間「そうなんですよ、京都マラソンを走るんですよ」
室長尾「おおー」
「今江と?」
草間「今江と」
「おー、どうなの?」
草間「今結構練習してるんですけど」
室長尾「はい」
草間「でも練習もあまり、できてなくて」
「うん」
長尾「はい」
草間ジャニーズWESTのコンサートと被ってて」
室長尾「あー」
草間「そう、合間に練習してる形なんですけど」
「うん」
長尾「はい」
草間「まだ最大で15kmまでしか走ってないんですよ」
「えー!」
草間「だから、いやもう15kmで筋肉痛やばいんですよ」
長尾「ええー」
「いやーちょっとリチャ身体能力意外に低いからな」
草間「そうなんすねえ」
長尾「ほー」
「ダンスとか歌とか上手いのに」
草間「www」
「何でなんやろな」
長尾「そう」
草間「だからその場が良いねん」
長尾「ほう」
草間「動きたくないw」
長尾「ww」
「どうなん?そのマラソンってさ、俺そのイメージだけで言ったら」
草間「うん」
「ゆっくり走ってるやんか」
草間「うん」
長尾「うん」
「できそうな気がするのよ俺的には」
草間長尾「あー」
草間「あ、でも、違う、全然違う」
「その」
草間「上半身は追いついてんねん」
室長尾「うん」
草間「大丈夫やねんけど」
「うん」
草間「下半身がやっぱしんどなってくんねん、脚が。で膝とか」
「あー」
草間「太ももとか」
「なんかさ」
草間「ふくらはぎにくる」
長尾「あー」
「痛めるって聞くのは」
草間長尾「うん」
「ほんまなん?」
草間「痛める。俺今ちょっと膝痛めてて」
「えっ」
長尾「何日くらいで治るんですか?」
草間「俺はまだ治ってないんよ。だからその治るが分からへんねやん」
長尾「あー」
草間「筋肉痛とかは」
「うん」
草間「あのお風呂にゆっくり浸かったりしたら治るんやけど」
室長尾「うん」
草間「そうだから治るが分からへんから、ほんまに本番が心配」
長尾「はあー」
「なるほどね」
草間「そうなんすよね、だから」
「いやでも、それは見に行けるんですか?そのファンの人とかは」
草間「は、見に来れます」
「あ、行けんねや」
長尾「あー」
草間「はい。2月の19日京都マラソン
「じゃあ」
草間「で、見に来れへん方は」
「うん」
草間「テレビでもまた26日ですか?」
「ほう」
草間「に、MBSの方で放送しますんで」
「うん」
長尾「はい」
草間「それを見に、見てもらえれば」
「うん」
長尾「はい」
草間「いいなと思いますけども」
「じゃあその、見に来てもらう人とか」
草間長尾「はい」
「テレビで見て貰う人に」
草間「はい」
「なんかありますか?」
草間「メッセージですか」
「メッセージ的な」
長尾「うん」
草間「いやー、やっぱねえ、まあ辛い顔して走ってると思うんですよw」
「お、そやな」
草間「ま、頑張ってはいるんですけど」
「うん」
草間「だからそれを、なんか、もっと元気出るような言葉で」
「うん」
草間「頑張れ頑張れって言ってもらえたらいいなって」
長尾「あー」
「あ、応援しにくれる」
草間「そう応援しに来てもらえれば」
長尾「はい」
草間「僕らもやっぱもっと元気に走れると思うんで」
長尾「はい」
「そやね」
草間「はい、応援してもらえればなと思います」
「じゃあリチャと今江頑張ってください」
草間「はい、ありがとうございます」
長尾「頑張ってください」
「はい。じゃあ次はなんですか?僕ですね」
草間長尾「はい」
「今度の土曜日スタートします」
草間「はい」
「この「東SixTONES西関西ジャニーズJr.SHOW合戦」。会場えー新橋演舞場。えー公演日が2月18日土曜日ね、あの今週の土曜日ですね」
草間長尾「はい」
「から、2月26日まで。えー、出ます」
草間長尾「はい」
「これね、あのー」
草間「はい」
「そうですね」
長尾「はい」
「あのあんまり決まってないんですよ」
草間「まだ!?」
長尾「え!?」
「あの、決まってないというか」
長尾「はい」
「あのー、言えないものがあるし」
草間「あーそやね」
長尾「はい」
「まああの自分たちの、その、思い、通りにいくのであれば」
草間「はい」
「そのままね、いくのであれば、またあの、あ、新しい関西Jr.が」
草間「ほう」
「見れる、はずです」
草間長尾「おおー」
「あのー、大阪ではやってないようなことを」
草間長尾「はい」
「やったりもするかも」
草間長尾「するかも」
「かもみたいな」
長尾「はい」
「そう」
草間「見れたらいいなぐらいな」
「そうそう。だからそのやっぱり代表で行くから、みんなの」
長尾「はい」
「代表で行くからそれはあの関西Jr.の名をね、東京にしっかりと残して、いきたいので」
草間「そうですね」
長尾「はい」
「そう。見に来れる方はぜひぜひ、東京新橋演舞場までお越しください、お願いします」
草間長尾「お願いしまーす」
「そして?」
草間「そして、そうですね、それの後ですね」
「うん」
長尾「はい」
草間「3月に」
「うん」
草間「毎年恒例でやらしていただいてる大阪松竹座公演があります」
室長尾「はい」
草間「はい。関西ジャニーズJr.の春のSHOW合戦」
「うん」
長尾「はい」
草間「だからこれ2月にやるやつの凱旋コンサートみたいな」
「そやね」
草間「感じなんですかね」
「凱旋的な」
草間「凱旋的なものなんですかね」
「うん」
草間「で、まあ場所は大阪松竹座ですよね」
室長尾「はい」
草間「3月4日土曜日から、3月28日火曜日まで」
室長尾「はい」
草間「これはでもまだ全然決まってないですよね」
長尾「はい」
「そやね。まず、まずは2月を終えてからですからね」
草間「そうですね」
長尾「はい」
草間「2月の方を終えてから」
「うん」
草間「それに絡めたものをするのかな」
「そやね」
草間「っていう予想」
長尾「ほー」
「なんか、やりたいこととかあるん?2人」
草間「えー」
長尾「やりたいこと」
草間「でも名前が笑合戦やん?」
「まあな」
長尾「はい」
「SHOWと笑いをかけてるもんな」
長尾「はい」
草間「そうですよね。だから、まあ、最近やってへんから漫才またしたいなあっていう」
長尾「あー」
「えーちょっと待ってよー。俺出えへんねんけどー!」
草間長尾「ww」
「俺さ」
長尾「はい」
「1個だけ言わしてもらっていい?」
草間「www」
長尾「はい」
「大丈夫?」
草間「wwやばいよね」
「いや、俺がそのできてるとかじゃないで」
草間「うん」
「大丈夫?」
草間「ww」
「言うたらさ、俺まあ頑張って」
草間「うん」
「できてない、まあできてないって言うのもあれやけど、一応できてると思ってやってるけど、その」
草間「うん」
「ツッコミがさ」
草間「ああー」
長尾「はい」
「や、できるで、康二とか」
草間長尾「うん」
「あー大吾とかも別にそのまいジャニとかでやってるから」
長尾「はい」
「できるけど、その、なんて言うん。その、分かる?」
草間「あー」
長尾「はい」
「あの子ら言うたら基本的にはボケな人やから」
草間「そうやね」
長尾「はい」
草間「うん。やから龍太くんみたいにガツガツ入ってくるツッコミができひんってこと」
「そう。大丈夫?」
草間長尾「うーん」
「どう?長尾ちゃん」
長尾「いや、でも末澤くん」
草間「あー」
「あ、末ね」
草間「末澤ツッコミね」
長尾「はい」
「末澤ね」
草間「甲高い声で「あー!!」みたいなね」
「wwいやでも末はここ頑張りどこやと思うで」
草間「せやね」
長尾「うーん」
「うん」
草間「もうやっぱ僕らのファンキーなね」
「うん」
草間「あの面々が」
「うん」
長尾「はい」
草間「まあ頑張りどころなんじゃないかなっていう」
「そうやな。そこーちょっと頑張って、もらわないと、ね」
長尾「はい」
草間「そうっすね」
「康二と大吾と流星と」
草間長尾「はい」
「も、いますけど」
草間「ね」
長尾「はい」
「長尾ちゃんたちもやで」
長尾「はい!」
「もちろんそれは」
草間「そうそう」
長尾「頑張ります」
草間「みんなで頑張る」
「そう」
長尾「はい」
「みんなでもう。あの、僕、出れませんから」
草間「あ、なんで出れないんですか?」
「はい?」
草間「え?」
「何がですか?」
草間「え?龍太くん、なんでその3月の公演に出れないんですか?」
「あ、すいません。あのちょっとベッケン・バウアーで」
草間「べっwww」
長尾「ベッケン…?バウアー…w」
「やばい古いわー!」
長尾「バウアー?w」
草間「あれ?w」
「ジェネレーションギャップ!」
長尾「これがジェネレーションギャップですねw」
草間「出てきたよジェネレーションギャップ!」
「出てきたよ!いっぱい出てくるね」
長尾「はいw」
草間「ふふふww」
「いや、そうです。僕あのー、僕はですね」
草間長尾「はい」
「「滝沢歌舞伎2017」に出演します!」
草間長尾「おお!」
「はい」
草間「おめでとうございます」
長尾「はい」
「ありがとうございます。えー会場はですね、東京新橋演舞場。えー公演日は4月6日木曜日から5月14日日曜日になってます」
草間長尾「おおー」
「これはねーもう」
草間「はい」
「嬉しい。もうほんとに」
草間「ほんまでも急ですよね?」
長尾「おー」
「急!その出るってまず決まったのが」
草間「うん」
長尾「はい」
「年明けて3日4日経ったぐらい?」
草間長尾「ほお」
「に、あのマネージャーさんから」
草間「はい」
「聞いて」
長尾「はい」
「で、えっ!?て最初」
草間「ww」
長尾「はい」
「俺ほん、ドッキリかと思って」
草間「ww」
長尾「はいw」
「さすがに」
草間「龍太くん、龍太くんそういうドッキリ結構」
「そう!」
草間「受けてるもんな?」
「あるから!」
草間「ww」
「でそのー何でドッキリかって思ったっていうのは」
草間「うん」
「そのー松竹座で」
草間「うん」
「その滝沢くんが見に来た時に」
草間「うん」
「あの、もう帰られた時に」
草間「うん」
「その、言うん忘れてて」
草間「うーん」
長尾「はい」
「出たいですっていうのを。でもなんかもう姿見えへんとこで一応「滝沢歌舞伎出してください!ガチのやつです!」って言って、一応マイクで叫んだんやけど」
長尾「はい」
草間「言ってた言ってた」
「でもあの、応答はなかったから」
草間「あー」
長尾「はい」
「もういなかったし。で、それのことをふと頭によぎって。うわ、待って、絶対ドッキリやんと思って」
草間「ふふふww」
長尾「はいw」
「絶対松竹座絡んでるやんと思って」
草間長尾「www」
草間「うんw」
「でそしたらあのーついにはあのー、ポスター、なんか発表されるやんか」
草間「ああ」
長尾「はい」
「そん時に、あのー俺、載ってなくて」
草間「ww」
長尾「はい」
「え、ほんまのやつや」
草間「ははははww」
「最初俺w、えっ、松竹座も出れへんとか思って」
草間「ああー」
長尾「はい」
「それで、やっとこう現実的になんか」
長尾「あー」
草間「そうっすね」
「ほんまに出るんやなっていう実感が湧いて」
草間「うん」
「そうそう」
草間「はあー、すげえ」
長尾「すごいですね」
「めっちゃ俺はもう不安やけどね。俺は、もちろん。まあでも」
草間「龍太くん、忙しいやんな?それで、だから」
長尾「うん」
「そう。あのーかぶ、滝沢歌舞伎の方出させていただいた後に」
草間「はい」
長尾「はい」
「6月の方あのー、「銀二貫」と」
草間長尾「おおー」
「松竹座の方で、やらしていただくので」
草間「はあー」
「6月1日から、えー6月11日までですね」
長尾「はい」
草間「はあー」
「はい。出演は、えー室龍太藤原丈一郎、えー大橋和也、朝田」
草間「淳弥」
「淳弥」
長尾「はい」
「はい。そうそう」
草間「はい」
「まあでもそれも、あるので」
草間「はい」
長尾「はい」
草間「ぜひ見に来ていただければね」
「もうね、忙しいというか」
長尾「はい」
「もうすごい、あのありがたいことなので」
草間長尾「そうですね」
草間「はい」
「もう与えられたものをしっかりとこなし」
草間長尾「はい」
「さらに、ね、求められたもの以上のものを」
草間「そうっすね」
長尾「はい」
「見していきましょう」
草間「頑張っていきましょうよ」
室長尾「はい」
長尾「頑張りましょう」
草間「ということで、こんだけ話してたらもう時間が来ちゃいましたよ」
「あ!」
長尾「はい」
「ごめんなさい」
草間「だいぶ使いましたよ」
「半分くらい俺の話になっちゃったかな?」
草間「そうですよーもう」
「すいません!」
草間「黙っといていただきたい」
「なんでやねんw」
草間長尾「はははww」
「なーんでやねん、喋らしてくれよ俺だって!」
草間「これからね、はい。今日はここまでです」
室長尾「はい」
草間「はい。というわけで詳しい情報はジャニーズネットの方をチェックしてください」
室長尾「はい!」
草間「ではここでCMです」
「はい!」

草間「はーいじゃあそれではエンディングの時間です」
「はい」
長尾「はい」
草間「はーい。今日のねエンディングの曲で流れているのは」
「うん」
草間中山優馬くんの「Hustler」です」
「うん」
草間「はい」
長尾「はい」
草間「この曲をね、リクエストしたのはね僕、草間リチャード敬太なんですけれども」
長尾「はい」
草間「この曲は、僕があの優馬くんのコンサート出してもらった時に」
「うん」
草間「あのー2コーラス目で」
「うん」
草間「あの僕と真鳥くんだけで」
「うん」
草間「踊るところがあって」
「ほお」
長尾「はい」
草間「そこの振り付けがめちゃ好きなんですよ」
室長尾「ほおー」
草間「そう。だからそれをちょっとね、あのDVDがあったんですけど」
長尾「はい」
「うん」
草間「それ見て楽しみたいなって。楽しみたいなちゃうわ」
「ww楽しんでいただけたら?」
草間「そうそうそう。楽しんでいただけたらなって思う感じの、曲ですね」
「なるほど」
長尾「はい」
草間「はい。で、ここで」
「うん」
草間「番組エンディングの、甘いおやすみコーナーでーす!」
室長尾「はい」
「はい始まりました」
草間「はい来ましたよー」
長尾「はい」
草間「全然気持ちが乗ってないんですけども」
「ははww」
草間「とれたて関ジュースは」
「うん」
草間「JAM×JAMの最後を締めくくる番組、ということで」
「はい」
草間「毎週誰か1人が、リスナーの皆さんに向けて、甘いおやすみのセリフを言うコーナーです」
室長尾「はい」
草間「はい。おやすみ担当は、くじで決めます」
「はい」
長尾「はい」
「くじ引きね」
草間「くじ引きで」
「さあいきますか」
草間「はい。じゃあ引きますか」
長尾「はい」
室草間「せーのー」
草間「で!…はい」
「はい、どうぞー」
草間「関西ジャニーズJr.とれたて関ジュースでは、皆さんのお便りをお待ちしています」
長尾「メールは、kjr@jocr.jp」
「お葉書の場合は、郵便番号650-8580ラジオ関西関西ジャニーズJr.とれたて関ジュースの係まで。それでは!今週は関西ジャニーズJr.の室龍太と」
草間「草間リチャード敬太と」
長尾「長尾謙杜でお送りしました!」
草間「あと2日でバレンタインやな。なんかくれんの?…ふっ、まあ、楽しみにしとくわ。おやすみ。また来週も絶対見てねー!ちゃう」
「聴いてねー、や!」
草間「聴いてねー!w」
「なに」
草間「聴いてねー!」
「なにテンパってんねん」
草間「もう」
3人「バイバーイ!」