滝沢電波城2017.05.13①

滝沢新橋演舞場で上演「滝沢歌舞伎2017」。今日はその楽屋から放送ということで、えー舞台に出演しております、Jr.が来てくれました。こちらの方です!」
「林翔太です!」
室龍太です!」
滝沢「よいしょー!」
「よろしくお願いしまーす!」
「お願いしまーす!」
「どうも!そして殿!」
滝沢「はい?」
「おめでとうございます!」
滝沢「何が?」
「番組が500回を迎えたということで」
滝沢「ほう」
「お花をお持ちしましたー!」
滝沢「ええ!?そうなんですか?」
「おめでとうございます!」
「はい!どうぞー!」
滝沢「えっ、これ滝沢電波城500回なんすか?」
「そうですよ500回ですよもう」
滝沢「えー、初めて聞きましたそれ」
「本当ですか?」
滝沢「ええ」
「あははw」
滝沢「え、わざわざ」
「はい」
滝沢「500回のために」
「はい。僕、僕が用意しました」
滝沢「えっ」
「はい」
滝沢「本当ですか。まあ500回ってまだ通過点ですから」
「そうですね。でもすごい数ですよ500回っていうのは」
滝沢「いやでもねー、この番組ね」
「はい」
滝沢「お祝いしたことないんすよ」
「あっ、本当ですか?」
「えー」
滝沢「ないんです」
「えっ、じゃあ初めてですか?」
滝沢「毎回リスナーに教えてもらって」
「えー!」
滝沢「そうだったんだ、みたいな。いつもスルーしてきちゃったんだよね」
「えー、そうなんですね」
滝沢「ええ」
「じゃあ、初ですね」
滝沢「初めてですね」
「いやー、嬉しい」
滝沢「でもまあやっぱお祝いはね、1000回に取っとこうかなと」
「あ、そうですね」
滝沢「まあちょっと気持ちだけはね」
「はい」
滝沢「ええ。えっ、なんかせっかく花を」
「はい」
滝沢「用意してくれたんすか?」
「お花を用意しました」
「はい」
滝沢「ちなみにどこで?」
「僕ですか?」
滝沢「買ったんですか?」
「あの、ちょっと」
滝沢「さっきまで本番やってたじゃないですか」
「はい、そうですね」
滝沢「そんな時間なかったと思うんですけど」
「ちょっといろんなコネを使って」
滝沢「おお」
「はい。初めての方なんですけども」
滝沢「おお」
「いろいろちょっとコネを使って用意させてもらいました」
滝沢「えー」
「はい」
滝沢「あ、自分で買いに行ったわけではないんだ」
「そうですね。あの今、渡してもらいました」
滝沢「なるほど」
「はい」
滝沢「自分で払ったわけでもなく」
「後で払おうかな」
滝沢「なるほど、なるほどね」
「あははww」
滝沢「おお、ありがとありがと」
「はい」
滝沢「室は?」
「はい、はい」
滝沢「なんか、500回みたいな、この番組」
「500回すか?あの、僕」
滝沢「あれ、手ぶらで来ちゃった?」
「僕です」
滝沢「え?」
「はい僕、500回記念、僕が来るっていう」
滝沢「あ、なるほどね」
「はい」
滝沢「自分がプレゼント」
「はい、僕です」
滝沢「えーと、結構です」
「嘘やん!」
滝沢林「あははww」
「嘘でしょ?」
滝沢「本当にいらないです」
「えへへw」
滝沢「本当に大丈夫ですよ」
「嘘でしょ?」
滝沢「ええ。あ、僕ですか」
「はい」
滝沢「そのパターンですね」
「いえでもそんなん言うたらね、林くんも買ってないですからね」
滝沢「いやいやでもほら多分スタッフの方に」
「はい」
滝沢「ちょっとこういうの用意しておいてほしいって事前に」
「いーや!」
滝沢「あったんじゃないですか?」
「お花好きだから僕」
「言ってないですよ」
滝沢「え?」
「すぐに売ります僕は」
滝沢「いやでも林は結構こういうことできるタイプだから」
「いーや、僕もできますよ!」
滝沢「え?」
「やろうと思えば」
滝沢「じゃあ面白いこと言って」
「あははww」
「おーい、そんな無茶振りあります?」
滝沢「だって500回記念でほら僕が来たってことは何かちょっとねえ」
「関西色」
滝沢「お祝いの何かを」
「お祝いのw」
滝沢「なんか用意してるのかなーと」
「はい」
「嘘でしょ!?」
滝沢「せっかくなんで」
「まじですか?」
滝沢「全国に流れてますから」
「ふふふwwうっそだあー」
滝沢「ねえ?」
「はい」
「そんなことあるかー?」
滝沢ニッポン放送ですよ?」
「あっざーす」
「はははww」
「wwじゃあいきます」
滝沢「お祝いのねなんか」
「お祝いの」
滝沢「お祝いのなんか」
「お祝いですか」
滝沢「はい」
「あー、そうかそっか」
滝沢「うん」
「じゃあ、はい、いきます」
滝沢「いいですか?」
「はい」
滝沢「はい」
「えー室龍太、えー滝沢くんがね、あの甘いものが好きってちょっと小耳に挟んだので」
滝沢「いやそうでもないですよ」
「嘘でしょ嘘でしょ?」
滝沢「僕は辛いものが好きです」
「ちょっと待ってww」
滝沢「どっちかというと甘いのあんま食べないですよ」
「うんうん」
「食べない?あーでも」
滝沢「あ、分かった分かった、じゃあ食べるとして」
「食べるとしてw」
滝沢「食べないけど食べるとして」
「食べるとしてw」
滝沢「はい何ですか?」
「聞いたんですけど」
滝沢「はいはい」
「やっぱそのー、甘いものシリーズで」
滝沢「うん」
「ダジャレを」
滝沢「おお」
「おっ」
「ちょっと1つ」
滝沢「食べないけど」
「食べないけど」
滝沢「うん」
「いいですか?」
滝沢「いいよ」
「いきます!プリンには、栄養たっプリン」
滝沢「さあ今回はね」
「ちょww嘘やん!」
滝沢「滝沢歌舞伎」
「はい」
滝沢「やっておりますね」
「はい」
滝沢「ね、どうですか?林はちなみに?」
「僕は今年で」
滝沢「もう何年くらい出てる?」
「9年ですね。9年連続で」
滝沢「9年!」
「はい、出さしてもらってます」
滝沢「わー、ま、今年で12年目ですから」
「はい」
滝沢「滝沢歌舞伎」
「はい、そうですね」
滝沢「ほぼほぼ出てる」
「はい、半分以上。僕がだから20歳超えてなかったんですよ、初めて出させてもらった時」
滝沢「えー、10代だった?」
「はい」
滝沢「ほお。その当時出てたメンバーは?」
「えっと、A.B.C-Zの」
滝沢「あっ」
「戸塚くんとか河合くん」
滝沢「はいはいはいはい、ま、デビューする前のね」
「あとキスマイ、北山くんと藤ヶ谷くんが前で出てましたね」
滝沢「えー、まだどっちもデビューしてない」
「デビューしてないですね」
滝沢「Jr.の時期」
「はい」
滝沢「へー、なるほど。室は?」
「あ、僕ですか?」
滝沢「うん」
「今回初めてですw」
滝沢「今回初めて?」
「はいw」
滝沢「どうですか?初めて」
「いやー、あのー、ま、正直」
滝沢「うん」
「あのすごい、真剣な話すると」
滝沢「うん」
「舐めてたなと思いますw」
滝沢「おお、舐めてた!」
「おお」
滝沢「帰れ!」
「帰れ!」
「違う違う、ちょっと待ってください」
滝沢「そういう話じゃないの?」
「これはもう滝沢くんにもお伝えした通り」
滝沢「はいはいはいはい」
「あのちょっと舐めてたなって思います」
滝沢「舐めてたというのは」
「そのなんかこう」
滝沢「ちょっとこう」
「見てたよりも」
滝沢「うん」
「簡単にできるやろ、みたいな」
滝沢「あー」
「とこが」
滝沢「俺でもできるんじゃないかと」
「あー」
「はい。と思ってこう自ら志願したんですけど」
滝沢「うんうん」
「あの、舐めて志願したなって」
滝沢「そうなんすよ。元々彼が」
「はい」
滝沢「あのー桐山、WESTの桐山を通じて、ビデオレターというか」
「えっ?」
滝沢「ビデオで、滝沢歌舞伎に出たいです、出してくださいって」
「すーごい」
滝沢「僕宛に送ってきて」
「はい」
滝沢「で、いろいろまあ決まってたんですけど、まあ本人が言うんだったら、じゃあいいよと思って、今回決めたんですよね」
「でもやっぱそういう積極的な姿勢っていうのは大事ですよね」
滝沢「まあまあ、大事です大事です。ガツガツというかね、うん」
「はい」
滝沢「ハングリー精神というかね、うん」
「ありがとうございます」
滝沢「それがあって」
「それがあって、で、あのーま、出れると」
滝沢「うん」
「なった時に、すごく喜んで」
滝沢「うん」
「で、あのーいざ稽古場、にお邪魔した時に」
滝沢「ほう」
「もうあのー1日目から」
滝沢「うん」
「あのwちょっと滝沢くんから」
滝沢「うん」
「あの、精神的に追い込んでやるwって笑いながら言われて」
滝沢林「あはははは!www」
滝沢「おお!覚えてない覚えてない!」
「って言われたのでw、あっ、でも笑ってるから、まだちょっと、冗談交じり」
滝沢「おお」
「で言ってくれたんかなと思って」
滝沢「うん。だって、元々そんな喋ったことない」
「そうですね」
滝沢「んですよ俺、室とは」
「はい。そう、松竹座の方に一度あの遊びに来てもらった時に」
滝沢「そうだね」
「言葉交わしたぐらい」
滝沢「ちゃんと喋ったことないもんね」
「はい」
「あー」
滝沢「で、精神的に追い込んでやるって言われて」
「言われて、まああのちょっと、あの余裕をぶっこいてたわけですよ」
滝沢「ほお、室が」
「はい。余裕っていうかその」
滝沢「言うてもと」
「そんなに」
滝沢林「うん」
「大丈夫かなと思ってたら」
滝沢「うんうん」
「えっともう、本当に、やばいです」
滝沢林「あはははは!ww」
滝沢「何が何が?」
「いやもうwあのー、ね、その自分がその舐めてた部分」
滝沢「うんうん」
「っていう気持ちもあるし、いろいろと、なんかすごいもう、勉強、させてもらってます」
滝沢「ほー」
「本当に」
滝沢「綺麗にまとめたねー」
「いやいやちょっと待ってくださいw」
滝沢「なるほどねー」
「でもたしかに」
滝沢「うん」
「1回稽古場で」
滝沢「うん」
「殺陣の稽古してる時に」
滝沢「うん」
「もう、涙目になりながら」
滝沢「ほお」
「稽古してたんですよ。それがもうすごい残ってて」
滝沢「うん」
「あ、相当きてるな今っていう」
滝沢「へえー」
「もう分かりました僕でも」
滝沢「まだまだいくよ」
林室「www」
「まだまだw」
滝沢「いや、せっかくね」
「そうですよもちろん」
滝沢「出てるからやっぱりね」
「もちろん」
「はい」
滝沢「関西Jr.も頑張ってほしいし」
「はい」
滝沢「ねえ。いやでもこんなもんですよ」
「ほんまですか」
滝沢「こんなもんですよみんな。やっぱね、こうチームですしね。ちょっとこう、なんかあったら危ないことになっちゃいますからね」
「もちろんそれは」
「あはは!ww」
「心に刻んでます」
滝沢「もう室くんいなくなっちゃいましたね今ね」
「あはは!w」
「いやいやいやちょっと待ってくださいよ!」
滝沢「あ、そうですか」
「はい」
滝沢「初めてということですけどね」
「はい!」
滝沢「今回まあ2人の見せ場もね」
「はい」
滝沢「あったりしますけども」
「はい」
滝沢「どうですか?林はやっぱお化けのシーンの」
「そうですね」
滝沢「こどもつかいのね」
「昨年もやらせてもらったんですけども」
滝沢「結局だからあれ1人で芝居ね」
「はい」
滝沢「何役も演ってるような」
「そうですね」
滝沢「お芝居だけど、どうですか?反応とかファンの方の」
「そうですね、いやもうすごく喜んでもらってたり」
滝沢「うん」
「やっぱ今年のこどもつかいは、もうほんとに去年よりも怖いっていう声が」
滝沢「うんうん」
「もうたくさんいただいて」
滝沢「うん」
「や、勝ちだなっていう」
滝沢「あー、たまに客席見るとね、手でこう目を塞いでるお客さんとかいるもんね」
「見てくれてないんですよ」
滝沢「でも逆に怖いよね」
「そうですね。声だけ、音だけっていうのはまた、迫力が多分違うと思うんで」
滝沢「うん」
「その方が逆に怖いよって思いながら」
滝沢「そうだよね」
「はい、やらしてもらってますけど」
滝沢「まあでもそれはある意味林の勝ちだよね」
「そうですね」
滝沢「ねえ」
「嬉しいですね、はい」
滝沢「室は?」
「僕ですか?僕はやっぱその初めて」
滝沢「出てたっけ?」
「出てますよ!」
「はははww」
「出てますやん!」
滝沢「え?ちょっと記憶にないんだけど」
「嘘でしょ!?」
滝沢「どこ?」
「いや、どこ?って!結構あのー」
滝沢「出てた?」
「すごくあのー初めて出さしてもらうには」
滝沢「うん」
「あのおいしいというか」
滝沢「うん」
「そうちゃんとピックアップさしてもらった」
滝沢「当たり前だよお前」
「はい、もちろん、ありがたい」
滝沢「やってるやってる」
「はいwwピックアップしてもらってるんですけど」
滝沢「うん」
「そうですね、あの1番お気に入りのとこでいうと」
滝沢「うん」
「4剣士」
滝沢「うん」
「殺陣がしたいと思って」
滝沢「はいはい」
「その、出してくださいって志願したので」
滝沢「うん」
「その殺陣で、こう1人だけちゃんとした役を、与えてもらえてるのは」
滝沢「まあボスだよね」
「はい」
滝沢「ある意味ね」
「それはすごく嬉しいです」
滝沢「どうですか、この関西の反応というか。結構関西Jr.見に来てくれてるもんね」
「いっぱい来ました」
滝沢「今回すごい来たよね」
「すごいですよね、本当に」
滝沢「祭があんのかなっていうくらい」
「いやいやww」
滝沢「関西Jr.が毎日いっぱい来るから。びっくりしちゃった」
「祭はないです」
滝沢「祭はないの?」
「はい」
滝沢「でもみんな自腹で東京まで」
「や、すごい」
滝沢「来てるんでしょ?」
「そうです」
滝沢「室を見に」
「はい。いや僕を見にっていうかまあ」
滝沢「いやでも室でしょ」
「いや滝沢くんを」
滝沢「だって室出てない時来なかったもん」
「来なかったよ」
「いやいやいやwそれは、仕事が被ってただけであって」
滝沢「あっ、被ってたのね」
「あ、そうなんだ」
「はい」
滝沢「たまたまなの?今回」
「へえー」
「そうです、見たい人はいっぱいいますよ」
滝沢「あ、そうなんだ」
「はい。ちっちゃい子も見たいって結構」
滝沢「いや結構ちっちゃい子も来てたよね」
「そうですよね」
滝沢「で、みんなのどうでした?反応というか」
「そうですね、あのー、関西では」
滝沢「うん」
「あのー、こういうちょっとかっこいい役というか」
滝沢「うん」
「どっちかっていったら、お笑い要員的な」
滝沢「うんうん」
「立ち位置なので」
滝沢「室が?」
「僕が」
滝沢「ええ?あの室が?」
「あの室が」
「どの室ですか?w」
滝沢「あの室がお笑い要員」
「ええー」
「お笑い要員っていうかその、お笑い寄り」
滝沢「うん」
「になってるんですけど、でも今回この」
滝沢「あ、じゃあかっこいい2枚目キャラってのはまだ他にいるんだ関西Jr.で」
「います。はい、います」
滝沢「あ、そうだ」
「へえー」
滝沢「室はお笑いの方、3枚目の方なんだ」
「まあ3枚」
滝沢「元々は」
「そうです、はい」
滝沢「へえー。なるほどなるほど」
「あははww」
滝沢「いやそれは知らない知らない」
「そうです。で、あの関西ではやったことないような」
滝沢「うん」
「この役ももらえて」
滝沢「うん」
「で、その見てくれた関西Jr.の子は」
滝沢「うん」
「すごい、別人のようにかっこよかったって」
滝沢「ほお」
「言ってくれたんで」
滝沢「あ、じゃあその普段の室を知ってるファンの方とか、その関西Jr.の子は、あっ、そっちの路線行ってるんだっていう見え方なんだ」
「そうですね。まあでも、僕の、この違う部分を引き出してくれた」
滝沢「うん」
「滝沢くんに、僕のファンの人は」
滝沢「うん」
「すごい感謝の手紙がいっぱいあります」
滝沢「俺んとこにはないけどね」
「いやいやwwそれはもう、書き、そのねw」
滝沢「いやいや」
「書くには恐れ多い」
滝沢「全然全然」
「はい」
滝沢「あっ、そう?まあでも喜んでくれてんだったらそれが1番いいよね」
「はい」
滝沢「うん。ちなみに2人とも結構長い間ジャニーズにいる印象ありますけど」
林室「はい」
滝沢「何年ぐらい?もう」
「僕は、入ったのが2001年の」
滝沢「林くんは」
「はい」
滝沢「2001年」
「そうですね。なんでもう今17年目に」
滝沢「えー!結構長いね」
「入った、はい」
滝沢「室も結構昔からいるよね?」
「そうですね。僕室は、えっと、2003年です」
滝沢「ほお」
「はい。2003年の10月なんで10…3年目とかですか?」
滝沢「へえー」
「はい」
滝沢「目標とかをね」
林室「はい」
滝沢「聞いていきたいなと思いますけど、目標とかはどうですか?」
「僕林はですね」
滝沢「どうなりたいとか、こうなりたいとか」
「やっぱり、昨年の滝沢歌舞伎でお芝居をやらせてもらってから」
滝沢「うん」
「もっともっとお芝居をやりたいなっていう気持ちが」
滝沢「やった方がいいんじゃない?」
「はい、出てきたので、その今で言う生田斗真くんとか」
滝沢「はいはいはいはい」
「っていうような感じになっていきたいなっていうのはありますね」
滝沢「なるほど。お芝居もっと極めたいと」
「はい」
滝沢「なるほど。室は?室ないか」
「いやいやちょっとwありますよ!」
滝沢「目標とかないでしょ?」
「僕もあります!」
滝沢「ええ?」
「あのー」
滝沢「一応聞いとくか」
「一応なん!?」
滝沢「うん」
「一応そうっすね」
滝沢「うん」
「えっとあのーwwもうデビューは」
滝沢「うん」
「そら諦めたとかじゃなくて」
滝沢「うん」
「またデビューっていう道もありますけど」
滝沢「うん」
「またこう、違う道」
滝沢「うん」
「その芝居とか」
滝沢「CDデビューってこと?」
「はい、CDデビュー、とかも、もちろん諦めてはないですけど」
滝沢「ほうほう」
「そっちの道も、もちろん、自分の選択肢の中には一応」
滝沢「はいはいはいはい」
「置いてはあるんですけど、まあでも、現実、を、見ると」
滝沢「うん」
「やっぱりこのもう、残された道は、芝居で」
滝沢「うん」
「やっていくしか、ないかなと」
滝沢林「www」
滝沢「いやいやwwええ?」
「そういう感じ?w」
滝沢「諦めたんすか?」
「いや諦めてないっすだから!それは、チャンスがあれば、もちろん掴みます」
滝沢「うん」
「死に物狂いで」
滝沢「いや、チャンスを待ってるんでしょ?」
「待ってないです。自分から掴みに行こうとはしてるんですけど」
滝沢「うん」
「落ちてないんです!」
滝沢「いやいや、チャンスなんか落ちてないですよ」
「落ちてないよ」
「いや、落ちてるかもしれないじゃないっすか」
滝沢「落ちないですからチャンスは」
「落ちないですかw」
滝沢「チャンスなんて落ちないですから」
「落ちてるパターンもある…」
滝沢「ないないない」
「ない?」
滝沢「ないです。チャンスは掴みにいくものですから」
「掴みにいく、そうですね」
滝沢「落ちてないですから」
「落ちてないwwじゃあもう、考え方が違いました」
滝沢「違いましたね」
「はい」
滝沢「ええ」
「そ、だから」
滝沢「うん」
「今回この滝沢歌舞伎に」
滝沢「うん」
「出さしてもらって、なんかこう、きっかけというか」
滝沢「うん」
「そういうのを掴めたらいいなと思いながらも」
滝沢「うん。きっかけ、なんか掴めましたか?」
「いや、あのー、これ!といって、このー目に見えたものは掴めてないんですけどw」
滝沢林「あははは!!ww」
滝沢「あっ、そう?」
「はい」
滝沢「稽古入れた2ヶ月ちょっとやってきましたけど」
「はい」
滝沢「おお」
「まあでもその、いろんな人からの」
滝沢「うん」
「この言葉であったり、そのー感化、されてはいるんですけど」
滝沢「うんうん」
「やっぱその、これ!といったこの具体的なものは掴めてないのでまだ」
滝沢「うんうん」
「想いをかけたいと思います」
滝沢「なるほど。間に合うかな?」
「間に合うかなー?」
滝沢「ねえ?いやでもファンの人だって期待してると思いますよ」
「はい」
滝沢「関西のファンの子もね」
「はい」
滝沢「まあそれにぜひね、応えてもらいたいなと思いますけど」
「はい」
滝沢「さ、この後もJr.の林と室と一緒にお送りしまーす」