私的ジャニーズJr.No.1〇〇芸人

ジャニーズJr.に注目し始めてはや数ヶ月。といっても、いつから注目し始めたとかしっかりした日にちを覚えてないのですが。
Jr.が出る番組を見て、過去の映像も見て、雑誌を読んで、自分なりに勉強してなんとなくどんな子がいるのか分かってきたように思います。この子たちはジャニーズだけど中には芸人に匹敵するくらいの子もいるぞ?と。
そこで、私が考えた「ジャニーズJr.No.1〇〇芸人」を発表したいと思います!!
全て何様だよってくらい私の独断と偏見により選ばれているので、異論は認めます。認めるどころか、どんどん言ってください。どんどん教えてください。
では、いきましょう。



ボケ…該当者なし

一発目から申し訳ない。これはねー、無理です。決められません!みんなボケるんだもの。なんなの、みんなアイドルでしょ!?
ボケといえばでまず浮かんだのはエリンギプール平野なんですが、彼は意図してボケてるわけではないので除外しました。そういう意味では普段一番ボケから離れてる人では。モノボケは好きですよ。
個人では決められないのですが、No.1ボケ芸人集団はSixTONESだと思います。あれはボケ無法地帯だ。


ツッコミ…室龍太(次点:末澤誠也)

先日放送のまいジャニで「ツッコミ王を決めよう!」という企画があり、そこでは文ちゃんが王者に輝きましたね。あのツッコミも好きですが、オーソドックスにスパーンっと決めるツッコミをするのは龍太くんかなと。上記の企画みたいに改まると見事に滑りますが。最近素人目ではありますがツッコミ上手くなってきた気がするんですよね。
スエは昨年の少クラin大阪でのコントや、まいジャニで「あれ?ワン・ダイレクション?」ってイジられた時のノリツッコミが好きだったので。今後ツッコミとして活躍してくれそうな気がします。


リアクション…森田美勇人(次点:松村北斗萩谷慧悟)

これだけは譲れない!文句なしのトップです。
  1. うるさい大きな声
  2. ただでさえ大きいのに長い手足でさらに大きな動き
  3. 一つ一つしっかりリアクション
これは完璧でしょ!!三拍子揃ってるもの!!
正直、これを書きたいがために他も考えたようなところありますから。
次点の北斗くんも美勇人といい勝負するくらいリアクションとってると思うんですけど、やっぱり美勇人にある、うるささというのがないような気がして。
はぎやんは「真夜中のプリンス」のキックボクシング回見たばかりなのが影響してます。あれは見せちゃいけない顔だった。


MC…安井謙太郎(次点:渡辺翔太、浜中文一)

芸人といいますかなんといいますか。やっぱり謙ちゃんのまわしを見てると安定してるなと思いますね。安心感がある。さすがだなと感じますね。
なべしょもみんなが逸れそうになってもちゃんと軌道修正してたイメージがあるので。
関西でいえばやっぱり文ちゃん。他は見ててまだハラハラします。大ちゅんがゆくゆくは安定したMC見せて欲しいですね。ジーコのMCも見たいけど、それ以上にひな壇で存分にボケてて欲しいという願望。あとジーコはゲスト相手に話引き出したりするの上手いなと思って。アシスト側でいてほしいですね。


ガヤ…藤原丈一郎

まいジャニなんか見てると、ガヤの入れるタイミングとか上手いなと。本人の技術なのか編集なのかテレビで見てるだけなのでその辺は分かりませんが。
みんなが聞けるタイミングに入れる、もしくは周りがざわざわしてても聞かせることができる、すごいなと思います。


モノマネ…深澤辰哉、ジェシー

No.1とかいいながら二人選んでしまいました。
ジャニーズ部門がふっか、その他部門がジェシーという感じです。
二人ともとにかくクオリティ高いし、見るたびレパートリー増えてる気がするし、すごい!!この二人以外考えられなかったです。


漫才…YOUたち(草間リチャード敬太、室龍太、藤原丈一郎)

これはね!もうこれしかないですよ。夜な夜なネタ作って打ち合わせして、約1ヶ月ほぼ毎日松竹座で漫才して、芸人に交じってフリーライブ出て、芸人から褒められて、「今年の目標はM-1進出!」「ドリームステージといえばM-1」って本人たちが言ってるんですもん。
あとはオリジナリティがあるかなと思いまして。過去のJr.の漫才などちょこちょこ見たんですが、どれ見てもどこかで見たことあるようなネタな気がしたんです。でも彼らのにはそれがあまり感じなかったというか(私が気づいてないだけかもしれませんが)。本当にM-1進出してほしいですけど、スケジュール的に難しそうですね…。


ギャグ…福本大晴(次点:ジェシー向井康二)

なんていうか、一発ギャグ!と思い浮かべて大晴!って出てきたので大晴で。あの若さであれだけギャグ連発できる思考、体力、精神力がすごいと思います。
ジェシーはただ、私がギャグかモノマネかでいったらモノマネが好きなだけです。あの容姿と美声を持っていながらあの子はどこに向かってるのか。
ジーコは「ゴイゴイスー」が強すぎてオリジナルギャグ作っても入ってこない…。「ゴイゴイスー」を超えるギャグを待ってます。


コント…該当者なし

これは、項目を作ったものの、私自身Jr.のコントをあまり見れていないので分からないという意味での該当者なしです。
春松竹で結構コントが披露されてたみたいですね。見たかったー!



こんなところでしょうか。
最初に述べた通り、私の独断と偏見による結果なので、異論はウェルカムです。むしろ「この子の方がこれは勝ってる!」って教えていただけるとありがたいです。
あと、「この項目が足りないんじゃないの?」ってのも教えていただきたいです。

今回の考えてて思ったんですが、Love-tune(安井謙太郎、森田美勇人、萩谷慧悟、真田佑馬)の4人はバラエティ力高いわ。安定感がありますね。